悩んでも仕方ないからナイトワークを経験

運命の再会?

ナイトワークで働いているといろんなお客さんが来ますよね。それも田舎のほうになるとお店の数が限られているので、地元で働いている場合は思わぬ再会もあります。私は横浜のナイトワークで働いているんですけど、先日思わぬ再会を果たしました。それは、横浜キャバクラへ体入してまだ間もない頃、新規のお客さんにフリーでついたときのことです。なんかどっかで見たことある顔やなぁとは思ってたんですけど、名前を聞いてピンときました。そのお客さん、中学のときに初めて付き合った彼氏だったんです。付き合ったと言ってもほんの2か月ぐらいで、気づいたら自然消滅みたいになってました。まさかこんなところでそんな人に逢うなんて思ってもいなかったから、一瞬頭が真っ白になりましたけど、幸い向こうは気づいていない様子だったので、適当に会話をして終わりました。話を聞く限り、いいとこに就職して高収入を貰ってるみたいでした。ただ、それで終わりじゃなかったんです。次の日から、彼は私を指名してお店に来るようになりました。私は、いつバレるか冷や冷やしながら、連絡先を教えることもなく当たり障りなく接客しました。そして、帰るときに耳元で「○○、また来るわな」って、私の本名を呼んだんです。私はこの先どうしたらいいんでしょうか…。

暇な時間をフル活用!

私は、横浜の繁華街にあるナイトワークで働いています。旦那が長距離トラックの運転手をしているので家にいないことが多く、せっかくだから暇な時間に働きに出ようと思ったのがきっかけでした。別に、どこで働いても良かったんですけど、どうせ働くなら高収入の仕事がいいと思って、たどり着いたのがナイトワークだったんです。お店では結婚していることはもちろん内緒で、付き合いたいと言ってくれるお客さんや愛人になってほしいと言う初老のお客さんまで色々います。指名客は結構いて、自分で思っていたよりも全然稼げるので、このお仕事はとても気に入っています。キャストの中にはギャルみたいにバカ騒ぎをする子もいますが、気の合うキャストと仲良くさせてもらっています。旦那がいないときだけ働くようにしてるんで、旦那は私が働いていることも全く気づいていません。とりあえず、当面の目標は、夢の一戸建てをキャッシュで買えるだけのお金を貯めることです。税金とか難しいことはわからないので、銀行にお金を預けていいのかもわからずに、今はタンスの一番下に現金を詰めています。旦那に見つからないうちに、へそくりの場所を確保しなくっちゃ。